皆様、こんにちは。

Bananaです。

宮古空港の守り神、「あたらかシーサー」ついに完成です。
東京在住の造形美術家・牛山リコさんが2年余りの期間をかけて製作した
巨大シーサーの大作です。

















すべて、赤瓦と漆喰そして宮古島の貝等でできています。

一体目の完成までは、ビル入り口近くで製作していましたが、スカイマーク社の就航が決まり、増築するために建物1階に移動しました。















二体目の製作にさらに一年。
製作の詳しい経過はぜひこちらhttp://ameblo.jp/ataraka/で





体全体に、もう宮古でもなかなか見ることのできない巨大なシャコ貝や立派なホラ貝、タカラ貝、スイジ貝、クモ貝、サザエ等々を纏い、見事に調和してます。

宮古空港を出発される、あるいは到着されるお客様を威厳のある眼光でしっかりと見据え、中央ロビーに鎮座しています。

来る3月26日には、完成序幕式が開催される予定です。

これほどの作品を提供していただき、作者である牛山さんには、空港関係者一同、本当に感謝しております。

製作の途中にもかかわらず、記念撮影のスポットとしてにぎわっていましたが、
皆様もぜひ一枚どうぞ。