会社案内

宮古空港ターミナル株式会社

商号 宮古空港ターミナル株式会社
Miyako Air Terminal Co., Ltd.
所在地 〒906-0013
沖縄県宮古島市平良字下里1657番地128
設立 1977年11月10日
資本金 1,254,800,000円
連絡先 TEL:0980-72-1212(代)
FAX:0980-73-4834
E-Mail shopmiyakoap.co.jp
URL https://miyakoap.co.jp

宮古空港沿革

昭和18年6月 旧日本軍により海軍飛行場として建設
昭和31年6月 民間航空機運航開始
昭和47年11月 飛行場現況届告示(滑走路1,500m×30m)
昭和48年1月 空港設置許可
昭和48年2月 第3種空港政令指定
昭和50年3月 供用開始(滑走路1,500m×45m)・航空灯火供用開始
昭和53年12月 暫定ジェット化供用開始・ B-737型機就航
昭和54年1月 旧宮古空港ターミナルビル(通称:花笠空港)完成
昭和54年12月 飛行場施設変更許可(滑走路1,500m→2,000m)
昭和58年7月 供用開始(滑走路2,000m×45m)
昭和59年1月 ILS、進入灯供用開始
平成元年7月 東京直行便B-737型機就航
平成2年3月 飛行場施設変更許可(滑走路嵩上18.3t→31.5t)
平成4年5月 供用開始(滑走路単車輪荷重31.5t/B-767対応)
平成5年6月 飛行場施設変更許可(新ターミナル地区整備)・ 誘導路、エプロン、道路駐車場
平成9年7月 供用開始(新ターミナル地区)誘導路230m×30m、エプロン250m×110m、道路駐車場487台 新宮古空港ターミナルビル完成
平成9年8月 福岡直行便B-737型機就航
平成13年6月 供用開始(第2取付誘導路230m×30m)
平成20年6月 地方管理空港に政令指定(法改正に伴う)
平成22年8月 一般駐車場有料化(400台)
令和2年6月 供用開始(到着手荷物ロビー増築)
令和2年7月 供用開始(搭乗待合室増築)

宮古空港諸元

種別 地方管理空港(旧第3種空港)
設置管理者 沖縄県
所在地 沖縄県宮古島市
標点位置 北緯24°46’58″ 東経125°17’46”
標高 42.8m
空港面積 1,239,182㎡
着陸帯 2,120m×300m C級
滑走路 2,000m×45m LA-12 N38°18’21″E:真方位
誘導路 460m×30m
エプロン 27,500㎡中型ジェット機用3バース
小型ジェット機用1バース、STOL機用1バース
照明施設 飛行場灯台、進入灯、進入角指示灯、滑走路灯、滑走路中心線灯、誘導路灯、風向灯等
航行援助施設 NDB、VORTAC、ILS
気象施設 気象施設一式
ターミナルビル 10,946㎡
駐車場 37,600㎡(400台)平成22年8月有料化
運用時間 7:00~21:00(14時間)

事業報告

44期 事業報告(令和2年度)[PDF]
43期 事業報告(令和元年度)[PDF]
42期 事業報告(平成30年度)[PDF]
41期 事業報告(平成29年度)[PDF]
40期 事業報告(平成28年度)[PDF]
39期 事業報告(平成27年度)[PDF]

移動等円滑化取組計画

宮古空港ターミナル株式会社では、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」第9条の4及び第9条の6に基づき「移動等円滑化取組計画書」を作成・公表しています。